ニキビを悪化させる原因「活性酸素とは?」

ニキビを悪化させる原因「活性酸素とは?」

活性酸素というワードを聞いたことがある人も多いと思います。


ものすごく簡単に説明すると美容や健康の話のなかで出てくる活性酸素というのは細胞をサビつかせて老化やトラブルを引き起こす成分になります。


肌老化や肌トラブルのすべてに影響しているので、ニキビはもちろん、シミやシミ・たるみ、乾燥肌や敏感肌にも影響しています。


ニキビについては、炎症を悪化させてしまいますし、毛穴のなかで発生した活性酸素から皮膚組織を守るためにメラニンが生成されて色素沈着のニキビ痕ができる原因をつくってしまうものになります。


この活性酸素は、呼吸のたびに発生するものなので避けられないものですが、紫外線、ストレス、暴飲暴食、喫煙といったものの影響を受けることで大量発生します。


ニキビをつくる生活習慣というのは肌のターンオーバーを乱してしまったり、皮脂を過剰に増やしてしまうということ以外にも見てのとおり、活性酸素を増やしてしまうということでもあるわけですね。


毛穴に詰まった皮脂が酸化して黒くなった状態の「黒ニキビ」は、もうすでに活性酸素の影響を受けており、いままさに炎症が起きようとしている段階といえます。 噴火目前といった感じですから大急ぎで抗酸化作用と抗炎症作用のあるニキビケア化粧品で対応しないといけません。

皮脂が酸化すると刺激物質になる

皮脂が酸化すると刺激物質になる 皮脂が酸化すると過酸化脂質という刺激物質になります。


この過酸化脂質は肌の炎症を引き起こすためそれがさらに肌内部での活性酸素の発生を促進することになります。 酸化⇒炎症⇒酸化のスパイラルが起こってしまうんですね。


この酸化スパイラルによって肌が痛めつけられると皮脂詰まりが一気に炎症ニキビになってしまうことはもちろん、 肌のターンオーバーが異常に早くなってしまったり、脂性敏感肌など肌トラブルの原因になってしまいます。


皮脂の分泌量が多いとそれだけ過酸化脂質の発生する割合も多くなるわけですから、 洗顔でしっかり余剰皮脂を取り除くこと、皮脂を酸化させないことを毎日のスキンケアでは意識する必要があります。


ニキビケアでは、必要以上に皮脂を洗い落とさないマイルドな洗顔をすること、それと一緒に抗酸化作用のあるビタミンCを使ってスキンケアができれば、活性酸素を防ぎ、過酸化脂質の発生を抑えられると思います。


30代以上の方は体内の抗酸化力も高めておいたほうが肌老化を防げるので、 ビタミンACE、各種ポリフェノール、カロテノイドといった抗酸化作用のある成分を食事やサプリから積極的に摂取するように心がけたほうがいいです。


皮脂分泌の抑制&抗酸化といえば、、 黒ニキビの治し方を解説
Copyright © 2014 黒ニキビの治し方~即効で治す厳選コスメ<Best3>解説· All Rights Reserved·